差のつく経営改革とは?
例を見ない経営改革のやり方

企業の経営がうまく行っていないと感じた場合は、経営改革が必要となります。

しかし、どのような改革をするのかは経営者次第となります。

もしもプラスにならないような改革をしたのならば、かえってマイナスになってしまうので、慎重な判断が必要になります。

現経営陣が経営のマイナスというならば、経営陣を一新すると言う、例を見ない改革をする必要も出てきます。

これが、会社の改革にとって必要であるのならば、決行していくしかありません。

あとは、赤字が大幅な金額となってしまった場合には、社員を大量リストラしなければならないこともあります。

大量リストラをすると大問題が発生してしまうので、社員の早期退職を促すことになります。早期退職は退職金を通常よりも多く出すことによって、希望退職者を多く募るということになります。

応じる社員もいれば、応じない社員もいます。

こういった経営改革は、会社が存続するためにはやむを得ないと言えます。

時には例を見ない改革の仕方をしなければならないこともあるのです。