経営改革関連ニュース

企業の業績が振るわない時に、何とかして解決の糸口を探したいと考える場合は、自社の状況を把握しつつ成功した経営者の経営改革を参考にすると良い場合もあります。

例えば、長崎県のあるテーマパークの事例を取り上げると、長年にわたって赤字が続いていた時期があります。

こうした状況を打破するために長崎県はある有名な経営者に是非とも社長に就任して欲しいと長年ラブコールを送っていました。

最終的にはその経営者は県の要望を受け入れました。

その結果、テーマパークはわずか6ヵ月で黒字に転じたというニュースが報じられました。

さらにこの企業は現在に至るまで様々なアイディアを取り入れながら順調な経営を維持しています。

この企業が見直した点は、まずは経費を徹底的に見直すことでした。

その際、赤字体質の際には外注に頼る傾向にあった業務をすべて従業員で賄うようにしたのです。

その結果、経費が大幅に見直されたのみならず従業員の業務に対する意識が非常に向上しました。

その結果、サービス内容を経営者と従業員が一丸となって見直し、大きな経費削減に成功したのです。

また、テーマパークは基本的に冬に来場者が減る傾向にあります。

しかしこの企業はパーク内に冬限定のイルミネーションを開催したました。

嬉しい誤算としては、イルミネーションがあまりに好評を博したために、来場者が夏より多くなったと言うことです。

以上のことから、この事例は経費削減から始まった企業改革が従業員の意識を変えることに昇華した良い参考例と言えます。