経営改革の基本

会社を経営していると売上の低下や資金繰りの不調などによって窮地に陥ることがあります。

そのような場合は早めに手を打たないと手遅れになってしまうケースが多いです。

いち早く経営改革に取り組むことが、経営状態の改善には欠かせないのです。

しかし突然、経営状態が悪化すると会社は混乱状態になり、適切な経営改革の方法を選べないこともあります。

そうならないようにするには、事前に基本的な知識を持っておくことが大切です。

改革の最もシンプルな方法は組織再編です。

組織を編成しなおすことによって、運営状況の改善を目指したり、事業拡大の準備を行うのです。

単純な部署の再編成を含めることもありますが、大がかりな場合は会社の分割や合併をともなうこともあります。

組織再編に厳密な定義はないため、事業の再編を含めることもあります。

また軽軽改革のために資本提携や業務提携を行うこともあります。

他社と提携することにより、開発力や生産力を飛躍的に向上させたり、市場を拡大したりするのが狙いです。

また材料の調達費用の低減や大きな宣伝効果などを期待して行う場合もあります。

また資本提携には隠れたメリットもあります。

単純に株式を持ち合う方式では、注意しないと提携先が経営に参加してくるケースがあるのです。

そうなると当初予定していたような改革を進めるのが難しくなってしまいます。

お互いが株主となるため、口出しをする権利を有するようになるので仕方ないといえるでしょう。

その反面、資本提携は1割程度の株を持ち合うだけなので、大きな影響を受ける心配はありません。