スケルトンの歴史って?

オリンピック競技にもあったスケルトンという競技はご存知でしょうか。
薄めのソリにうつ伏せで乗り、140km/hもの速度が出るといわれる1人用競技。使用されているソリが骸骨のような骨組みだけのものだったことからスケルトンと呼ばれるようになったのだとか。
一度はオリンピック競技として採用されていたものの、公式となった頃は体を守るためのプロテクター着用の義務がなく、事故多発が原因でオリンピック競技から除外されてしまったのだそうです。
このスケルトンも今ではヘルメット等の着用義務も設けられ、事故の数が減ったこと。安定した安全面が考慮されたことから、改めて2002年のソルトレイクシティオリンピックより正式な競技として復活を遂げ、冬季オリンピックの代表スポーツとして採用されました。
このスケルトンは日本での規模がまだ小さく、競技人口の少ないスポーツとしても上げられていますが、復活を遂げたこれからのスポーツとしてぜひ大きな活躍を期待したいですね。

コースの長さってどれくらい?

冬季に開催されているオリンピックには、スケルトンという競技種目があります。夏季に行われる競技種目と比較すると、知名度の点では低くなりますが、競技人口は徐々に増えていて、盛り上がるようになっている種目の1つです。

スケルトンという競技で使用するコースの長さは、全長1300メートル~1500メートルに設定されています。この1キロ以上にもわたるコースを、鉄製のソリを使用して、滑り降りていく競技なのです。勝敗を決めるのは、滑り降りた際にかかるタイムです。

それなりにコースの長さがあるため、選手としては、どのように滑り降りていくかを頭の中で決めていかなければなりません。やみくもに滑り降りればよいというわけではなく、タイムを意識する必要があります。滑り方によって、タイムが速くなったり遅くなったりするため、適切な姿勢を取りながら滑り降りていかなければならないのです。

スケルトンの競技は、高速で滑り降りる醍醐味があります。

そりのコントロールを知る

冬のスポーツの1つに、スケルトンという競技種目があります。徐々に競技人口が増えていて、活発になってきた競技です。競技に参加している選手たちは、競技の知名度を高めていくために、日々の練習や試合に向けて取り組んでいます。

本格的にスケルトンの競技に取り組む場合は、冬季のオリンピックを目指していくことになります。スケルトンは、全長1300メートル~1500メートルという長さのコースを、高速で滑り降りていく競技です。大切なことは、競技で使用するそりを、適切にコントロールすることです。滑り方に気をつけていかないと、なかなか速度が上がっていきません。滑り降りた際にかかったタイムで勝敗を決める競技なので、そりを自在にコントロールして、高速で滑り降りることを目指す必要があります。

日頃から、スケルトンの練習をする際は、どのように滑れば速度が出やすいかを意識していきます。徐々に、そりをコントロールすることができるようになります。

選手を目指す

アマチュアの世界でスポーツに取り組んでいる人にとっては、オリンピックというイベントは最も重要性の高いものです。本格的に練習を積んでいくと、オリンピックの代表選手として選出されることを目指すようになっていきます。さまざまな種目が行われているのが、オリンピックというイベントの魅力です。たとえば、冬季に開催されるオリンピックでは、スケルトンという種目があります。

スケルトンは、夏季に行われているような陸上競技、競泳、球技などとは異なり、それほど知名度が高くはない種目です。競技人口を見ると、現時点では多いと言えない状況になっています。スケルトンの練習をするようになったら、徹底的に練習を積んでいくことで、代表選手の座を狙うことが、他の種目と比べると容易であると言えます。しっかりと道具を揃えて、日々の練習に尽力していくことが、スケルトンという種目の代表選手として活躍していくためには、必要不可欠なことです。