そりのコントロールを知る

冬のスポーツの1つに、スケルトンという競技種目があります。徐々に競技人口が増えていて、活発になってきた競技です。競技に参加している選手たちは、競技の知名度を高めていくために、日々の練習や試合に向けて取り組んでいます。

本格的にスケルトンの競技に取り組む場合は、冬季のオリンピックを目指していくことになります。スケルトンは、全長1300メートル~1500メートルという長さのコースを、高速で滑り降りていく競技です。大切なことは、競技で使用するそりを、適切にコントロールすることです。滑り方に気をつけていかないと、なかなか速度が上がっていきません。滑り降りた際にかかったタイムで勝敗を決める競技なので、そりを自在にコントロールして、高速で滑り降りることを目指す必要があります。

日頃から、スケルトンの練習をする際は、どのように滑れば速度が出やすいかを意識していきます。徐々に、そりをコントロールすることができるようになります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です