スケルトンでオリンピックを目指す?

今年二月にロシアで開催されたソチオリンピックでウィンタースポーツに興味を持った人も多いでしょう。
日本では優雅なフィギュアスケートや、長野オリンピックでの活躍からスキージャンプやカーリングなどの競技が人気で注目を集めていますが、冬季オリンピックで開催される種目の中で一、二を争うほど危険度が高いのはなんといってもスケルトンでしょう。スケルトンとはボブスレーやリュージュに良く似たスポーツで、頭を進行方向に向けた状態でうつぶせになったままそりに乗って滑るスタイルです。リュージュはこの逆で、進行方向とは逆に頭を向けたまま仰向けで滑ります。
スケルトンで滑っている時の最高速度は自足140km以上にもなり、大変危険と隣り合わせなスリリングなスポーツです。
男性も女性も1人乗りで滑るスタイルで、2人や4人でチームになって滑るボブスレーとはスタイルが異なります。

そんなスケルトンは日本での人気も知名度もまだまだ低く、競技人口は100人程度だといわれているため、スケルトンでオリンピック選手を目指せるのでは?と思う人もいるのではないでしょうか。
これからスケルトンを始めてみたいと思う人は、まず体験会に参加すると良いでしょう。
長野オリンピックで実際に使用された会場を滑走する体験会は、年に一回開催されます。そこでは高校生以上ならコース終盤の第13カーブからゴールまでをそりに乗って滑ることが出来ます。コースの終盤からといっても最高速度は40kmにも達し、日常生活では体感できないスピード感を感じることが出来ます。実際に体験してみて、選手を目指したいと思った人は連盟に登録をしましょう。
日本全国にはいくつかの連盟があるため、自分の住んでいる地域に1番近いところに連盟登録を行い、同時に傷害保険への加入を行います。

連盟登録料や障害保険料、用具のレンタル料金などを支払いしたら練習を行います。長野県スパイラルではオフシーズンの間、陸上でスタートの練習を行う事が出来ます。
そして冬季に氷の上で冬季練習を行うためには、コントロールテストという体力テストをパスしなければいけない場合があります。
体力テストでは短距離走や垂直とび、ボール投げなどの基本的な体力を測定し、冬季の練習を行えるだけの運動能力があるのかどうかを判定します。
これにパスして冬季の大会で上位成績をおさめ、技術の向上や記録更新などを積み重ねて各種大会で実績を挙げればオリンピックも夢ではないのかもしれません。

お気に入りサイト

酵素ドリンクのおすすめは優光泉
30日返金保障がある酵素ドリンクは、優光泉です。

ナンパの流れとコツ ブログで秘密公開
まずは、素人っぽいプロフの子に片っ端からメッセージを送ろう、それ以上は、ブログでね

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>